資産にはならない


グッド!コピー機を導入する寳保は、いくつかあります。購入してしまう方法と、リース、レンタルの3つです。ややこしいところになりますが、リースとレンタルはいくつかのポイントで違いがあります。大きなポイントになってくるのは、所有権を見た時に、リースもレンタルも利用者にはありません。貸し出している企業に所有権が存在します。リースは機材を購入して、そのまま貸し付ける方法です。新品を貸すことにもなってくるため、中途契約ができません。レンタルは、レンタル会社の資産を貸してくれる方法であり、なにも新品とは限らないところが特徴です。これを貸すことになるため、商品は選べませんが、中途解約もできるようになっています。初期費用がかかることもありますが、便利な方法なのは確かでしょう。

どちらの方法も、資産ではありません。勝手に売り買いすることもできませんし廃棄もできませんが、固定資産税も発生しませんし、減価償却も必要がなくなります。経費に算入することができるため、思っている以上に負担も減らすことができるでしょう。新しくコピー機を導入するときには、初期費用もほとんどいらないため、どちらも便利な方法になるのは間違いありません。

 

いつでも返却可能

コピー機コピー機をレンタルすることには、さまざまなメリットがありますが、良く理解しておけば、さらに便利に使っていけるようになります。レンタルの場合には、リースと比較すると毎月の金額は高くなる傾向があるのがデメリットです。しかし、いつでも解約できるため、負担としてみてみれば軽くなるでしょう。自分たちのコピー機ではなく、専用として選べるわけではないため、中古などのコピー機が回ってくることがほとんどです。搬入するときにも、費用がとられる可能性も出てきます。しかし、よく考えればわかりますが、コピー機の機能はさほど使いません。あれば便利ですが、使いこなせているほうが珍しいでしょう。古くてもコピーはできますし、何か問題があれば、交換してもらえばいいだけです。

リース契約とは違い、短期に向いている方法ともいえますが、その分審査などもありません。支払いができる状態であれば、だれでも契約可能です。企業だけではなく。個人でも契約できるのは大きなメリットになるでしょう。トータル的に見れば費用は掛かりますが、故障した時の心配もいりませんし、いつでも返却できることを考えれば、レンタルは負担の少ない方法となってくるでしょう。

関連サイト⇒コピー機

コピー機のレンタル


紙企業にとって、コピー機は欠かすことができない機材です。紙の書類はなくなるものではありません。IT化が進んだことで、デジタル化すればいいとしているところもありますが、大事な書類は、いまだに紙が中心です。デジタルデータは偽造も容易である特徴がある以上、まだまだ紙の書類はなくなりません。だからこそ、企業ではコピー機の存在はかかることができないでしょう。ただし、コピー機は安いものではありません。購入して導入したくても、かなりの金額が動いてしまうことになります。特に起業した時などは、このイニシャルコストは大きな障害になってくるのは間違いありません。あまりに高額なために、導入を考えてしまうことも出てきます。

イニシャルコストの低減には、いろいろな方法がとられてきました。究極的に言えば、購入して資産にしないということがポイントになってきます。高額な機材であり、固定資産にもつながってくる機械である以上、自分たちのものにしないようにすれば、負担は大幅に削減できるからです。実際におこなわれる方法として、リースとレンタルがあります。どちらも企業にとっては便利な方法であるのは確かです。ですが、性格の違う方法であるのは理解しておかなければいけません。

わかりにくい点があるのも間違いありません。知らないともったいないこともたくさん出てきますので、これを機会に正しく判断できるようにしてみてはいかがでしょうか。コピー機を導入するときには、大きな力になってくれるはずです。